「雨が降るかも・・・」という不安を吹き飛ばし、

暖かすぎるほどの快晴に恵まれました☀

今回は呉娑々宇スポーツクラブの岸先生がお休みされたので、

同じノルディックウォーキングの公認指導員の資格をお持ちの

佐藤先生が指導に来てくださいました☆

 

今回は府中町の『沖地区』・『尾首地区』(昭和初期の頃の字名)を中心に

史跡を回りました。この辺りは古い街並みと素敵な新しいお家が混在していて、

昔の立派な門のある家の隣に近代的なお家が建っていたり、

道の脇には昔ながらの水路、そこにかかる小さな石橋があったりします。

巡った史跡の数は多くなかったですが、「ここにこれが?!」と

町の中に溶け込んでそこにある史跡に驚きました❢

(ちなみに『吸江庵』は下見の時には見逃していました(^◇^; )

今回のコースは少し勾配が急なところもありましたが、登り切ったところからの

府中町の景色も素敵でした🌟町の反対側には岩谷観音や呉娑々宇山も見え

山登りのお話しを聞かせていただきました👣

そしてポールを持って歩くことで、登り坂がより安全に楽に登れることも

実感できたので、これも改めて良い体験になったなぁと思いました(^^)

 

《こぼれ話》

クールダウンの後の佐藤さんのお話しがすっごく印象に残ったので✦

「高齢になってくると、”教育”・”教養”が大事です。

でもそれは、難しいことではなくて、『きょう、いく(教育)ところがある』

『きょう、よう(教養)じがある』。毎日、何かする事があると

いう事が大事なんですよ (^^)」

みんな、「ほっほーーーぅ」と感心して聞いていました❢

佐藤先生、ありがとうございました✧

下見の時に入った雑木林

下見の時に入った雑木林

吸江庵

吸江庵

尾首の池1

尾首の池1

尾首の池2

尾首の池2