今回のチャレンジスポーツ隊は、府中南小学校の体育館で『カバディ』を
行いました。
『カバディ』というスポーツですが、鬼ごっことルールが似ています。
攻撃をする側とされる側に分かれて行いますが、
なんと言っても、攻撃側が息の続く限り「カバディ」と言いながらするのが
特徴です。審判もきちんと「カバディ」を言い続けているかをチェックします。

タッチすることに集中してしまうと、いつの間にか「カバディ」と言う事が
疎かになってしまったり、一生懸命力強く「カバディ」と言い続けていると、
すぐに息があがってしまい攻撃時間が短くなってしまいます。
攻撃側も、攻撃を受ける側も、勝つためにしっかり作戦を練っていました。
私も少し参加させてもらいましたが、想像以上に面白かったです(≧▽≦)♪
やったことが無い方は是非やってみて頂きたいです🌟