府中南公民館の夏休み体験教室『ふちゅう大すきキッズ2018夏』に講師として呼んでいただきニュースポーツのカローリングドッジビーで元気に楽しい時間を過ごしました。
始める前に聞いたところ、ドッジビーはほとんどの子どもが体験済でカローリングはほとんどの子どもが未経験でした。ドッジビーとは、布製フリスビーを使いドッジボールのように相手に当てて得点を稼ぐ競技です。

ドッジビー

始めはおとなしめのキッズ達

キャッチ&リリースの練習を行った後、2チームに分かれて対戦しました。皆、最初は当てられないように逃げてばかりでしたが、1回戦の終盤には相手が投げたものをうまくキャッチして素早く攻撃したり、チームプレーも見られるようになりました。2回戦では運動量も上がり声も大きく出せていましたね(^^)v

だいぶ体がほぐれたところで、後半は呉娑々宇スポーツクラブ イチ押しのカローリングを行いました。氷上で競技するカーリングを室内競技に応用したものがカローリングです。日本で考案されました。
競技のルールは、カーリングでストーンと言われる手玉をカローリングではジェットローラーと呼びますが、そのジェットローラーを7メートル先の的をめがけて投球していきます(ジュニアの場合)。的には、三重の円が描かれており、外側から1点・その次は2点・真ん中は3となります。

的の得点

ジェットローラーと的

副館長もメンバーの一員

作戦会議

まずは、ジェットローラーを使って投げる力加減やフォームを確認しましたが、ゲームを始める前から各チーム共とても盛り上がっていました!ゲームは三回戦行い、回を重ねるごとにコツをつかみ、相手のジェットローラーを利用して良い位置にもっていくなどの作戦をたててチームワークもばっちり!
やったことのあるドッジビー、ほぼ初体験のカローリング。どちらも、皆いきいきして楽しんでいましたね。外は酷暑でしたが、ホール内では空調も効いていてしっかり身体を動かすことができました(^^♪

府中南公民館の皆さま、子ども達と楽しい時間を過ごす良い機会を頂きありがとうございました<(_ _)>